top of page

The Tea Demonstration at John P. Humes Japanese Stroll Garden

Updated: 2 days ago

Event Date: 6/1/2024 A demonstration was held in this exquisite Japanese garden's beautifully maintained tea room. The demonstration allowed local residents and distant travelers to deepen their appreciation and understanding of cultural traditions and the Japanese tea ceremony.


During the demonstration, one guest was invited into the tea room to experience and learn about the etiquette of being a guest. This personal experience added a memorable aspect to the demonstration, and many audience members expressed their desire to enjoy tea in the tea room next time.


Twenty-five attendees enjoyed the detailed explanation of the host's manners, which deepened their understanding of the tea tradition. Additionally, the meaning of the phrase "竹有上下節 (Take ni jyoge no Fushi ari)" was explained, and participants shared a moment of "harmony" and "respect," which are central to the Japanese tea ceremony, in the tea room surrounded by bamboo groves.


この美しい日本庭園にある、とても手入れの行き届いた茶室においてデモンストレーションを行いました。イベントの知名度が高まり、地元の方々だけでなく、遠方からもいらした25名のゲストに参加いただきました。


デモンストレーションでは一人のゲストを茶室に招き、直接客の作法を体験し学んでいただきました。この個人的な体験がデモンストレーションに特別な要素を加え、多くの方々から「次回はぜひ茶室でお茶をいただいてみたい」とのコメントをいただきました。参加者全員が亭主の作法の詳細な説明を楽しみ、この伝統的な作法に対する理解を深めました。


また、「竹有上下節(たけにじょうげのふしあり)」というお軸の言葉の意味を説明し、参加者には竹藪に囲まれた茶室で、日本の茶道の中心となる「和」と「敬」の一時を共有しました。


デモンストレーションは文化的伝統と日本の茶道の理解と感謝の念を深める機会となりました。







12 views0 comments

留言


bottom of page