学校茶道 キッズ国際学園 茶の湯体験Chanoyu workshop at Kids International Weekend School in NJ

今年で11年目を迎える恒例の学校行事、茶の湯ワークショップをNJのキッズ国際学園で開催しました。全校生徒84名と先生12名の約100名が、実際にお茶を点てる体験をしてもらいました。毎年お客様として茶会に参加している子供達は、目の前に置かれた茶道具を扱う事、茶筅を振ることを楽しんでいました。


今回のワークショップで学んでもらう事は以下の3点にポイントをしぼりました。 

1)畳の上に座っている20分間は背筋をのばして格好よく座る。理由は背筋がのびていると健康にも見た目にも良い。

2)道具は元の場所へ戻す。 物の配置が決まっているのは、家の中でもあるべき物が、あるべき所にあるのは、整頓されてとても気持ちよく生活できる事と同じ。


ワークショップが終わって教室に帰る時も背筋をのばして歩いている姿が微笑ましかったです。



This year's 11th anniversary school event, a tea ceremony workshop, was held at NJ's Kids International School. About 100 participants, including 84 students and 12 teachers, experienced making tea. In previous years, the children participated in tea ceremony as customers only, but this year all students enjoyed handling tea utensils placed in front of them and making tea.

They learned the following points for at this workshop:


1) For 20 minutes while sitting on the tatami mats, keep your back straight. The reason is that if the back is stretched, it is good for both health and appearance.


2) Return the utensils to their original locations. The arrangement of things is fixed, such as it should be in the house, to be able to live in a tidy and very comfortable way.

茶の湯 表千家不審菴 ホームページ: 

www.omotesenke.jp

Chanoyu Omotesenke Fushin'an Main website:

www.omotesenke.jp/english/tobira.html

© 2019 by Omotesenke Domonkai Eastern Region USA, All Rights Reserved                                                                                   Created by CoCollaborations, LLC