top of page

Chanoyu Presentations at The Seattle Cherry Blossom & Japanese Cultural Festival

Event Dates: April 14, 15, and 16, 2023


The The Seattle Cherry Blossom & Japanese Cultural Festival was initiated by a gift of 1,000 cherry trees given to Seattle on May 8, 1976, by Japan’s former Prime Minister, Takeo Miki, commemorating America’s bicentennial and the long friendship between the people of Japan and the State of Washington. Today, the Festival is the largest and oldest of its kind in the Northwest. Hanami, cherry blossom viewing, is a reminder to celebrate life, and the pink petals carried on the breeze at the first Festival engendered that thought.


This year, demonstrations of traditional Japanese arts, such as Ikebana, calligraphy, tea ceremony, taiko, koto, and martial arts, were presented on stage—Seattle special district presented chanoyu demonstrations at the special mini stage, which UW Chanoyu Club members conducted.


There were also special guests invited from Wakayama Prefecture. They brought Edo Karakuri Dolls, which are Wind-up mechanical wooden dolls. Edo Karakuri Tea Carrying Doll offered a bowl of tea to Chanoyu instructors in the pop-up tea room.


シアトル桜祭り・日本文化フェスティバルで 茶の湯プレゼンテーションを実施


シアトル桜祭り&日本文化フェスティバルは、1976年に当時の三木首相によって贈呈された1000本の桜の木のお返しに、日本とアメリカの相互理解と友好のために始まりました。今年で第48回になる西海岸で一番古い日本文化祭で、3日間にわたり開催されました。会場に特設された4つのステージでは、伝統文化である華道、茶道、書道、琴、太鼓、武芸、などさまざまな分野の団体が実演を披露しました。シアトル特別地区も実行委員会からのご依頼で、引き続き茶の湯プレゼンテーションを実施いたしました。今回はUW茶の湯クラブの部員たちに茶の湯デモンストレーションを担当してもらいました。ご来場いただいた多くの皆さんに、茶の湯の楽しさと伝統文化としての理解・普及を図りました。アメリカ第二のIT企業の中心地シアトルで、今年は、江戸からくり人形とのコラボイベントも行いました。ロボットのもとになった300年の歴史ある江戸カラクリ茶運び人形がお茶を運んでいく様子を来場の皆様にご披露いたしました。








29 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page